年に数本しか描けないエロ漫画家の見苦しい毎日を記したブログです。

# たかのゆきのしわざ

# 何にも無い

おはようございます、こんにちは、こんばんはたかのゆきです。

つくづく自分は何にも無いなと思うのです。
ネットに入ると何かに詳しい方、真剣に語ってる方、熱を上げている方ばかりに見えてしまいます。
だから何か持たなければという焦りを感じてしまいます

実は自分は特に主張するような事も無いです。
たとえばアニメや映画を見て批評したり語ったりすることも特にありません。
そんな優れた目や製作者の真意を感じ取る洞察力も裏付ける知識も無いのです。
ただネットで居場所がないのでつい語りたくなって
存在感をアピールしたい欲求がある、とつい否定的な意見が出てきてしまいます。
昔は匿名掲示板に書いたりしたこともあるのですが
人に自分の意見が受け入れられた経験が少ないので
自分は意思疎通がヘタなんだなと自覚しました。

ツイッターやブログは困りますね;
何も人に見せるようなものは無いのに
ついアピールしたくなってしまいます


実は私の性格は好きになったら粘着するタイプで
今の早いサイクル(アニメが3ヶ月サイクルだったり)についていけてません
好きになる前に終わってしまっていて
どうしていいかわからなかったりしてます。
(オ○ニーネタもみやびつづる先生の「艶母」を4年くらい使っててました;)
マイペースでいいのでしょうが
仕事柄そういうものに触れていなければならないので
必死だけどついていけないという感じです・・・・


はっ

突然自分が何がいいたいかわかった;;;;;

久しく漫画を発表してなくて
自分の存在感が自分でも希薄になり
ネットで発信しようとしたんだ・・・俺
でも人が興味引くような情報も持ってないし
ツイッタで人と絡むほど知識もないし
アニメとかの話題も感覚が付いていってなくて
それで愚痴を・・・
描いたら載せていただける現状なんだから(制限あるけど;)
漫画を描いてアピールするしかないのに
何やってんだろ・・・・

ネームやろう


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村

コメント

[title]:

ツイッターって、日ごろ人間がいえないことを平気で吐けるツールになっているので、もう、距離をおこうかと思ってます。睡眠時間ばかりががりがり減って、作品を作るための脳細胞がこれまたひどいいきおいで減っていく。

今じゃ完全に依存症みたいなものになっていて、このままでいったらおれ正常な生活送れるのかなあ。とほほ。
  1. 2015/08/02(日) 08:47:48
  2. URL
  3. ポール・ブリッツ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ポール・ブリッツさんへ

コメントありがとうございます。
端的に言うと私はポール・ブリッツさんのつぶやいている事が全然わからないのです。
いえ、もちろん仰ろうとしていることはわかります。
一つは自分に知識がないのと・・人と情報を共有してないのと経験もないから・・・です。
これだと言い方に何か棘がありますね;;

例えばあるアニメ作品の話題なったとして・・・
「あれ面白かったですね」くらいなら言えるのですが
その後続かないのです;

私の個人的感覚なのですが
自分の頭に情報を入れる⇒使いたくなって呟いて出す
この作業を繰り返してると
頭の中の想像だけで
世界を広げるのがやりにくくなる気がします
創作という意味では情報というか知識というか
それらをシャットアウトしたほうがいいなと
最近思っています
やっぱり鬱憤は創作に少なからず力を与えるので
ほどほどがいいと私は思います

  1. 2015/08/02(日) 13:34:23
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

それはそれとしてわたしはネタとしては件の小説版「エスカレーション」を15年以上にわたって愛用し(゜゜☆\(^^;
  1. 2015/08/05(水) 21:01:45
  2. URL
  3. ポール・ブリッツ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/08/05(水) 21:04:43
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:ポール・ブリッツさんへ

コメントいただきましてありがとうございます
15年?!・・・やーそれは長いですね
私の始めてのエロ小説はいけないマコちゃんだったと思います。
当然エスカレーションも読みました
やはり人物描写が深いのでエロさも余計に増すんですよね~
エロマンガでSMのような支配関係と百合物がすきなのは
エスカレーションとの出会いが源になってるような気がして仕方ないです;
当時はノベライズ版にセックスシーンがあって
ガンダムだとセーラさんがビッチだったり、プロジェクトA子もレズシーンがあるし
ガルフォースなんかもレズシーン(女性しかいないのでレズじゃないか;)

ただ・・・今でもそうですが私はオ○ニーのときかなり候でして
小説、エロゲ、アニメだと間が持たないんです
  1. 2015/08/06(木) 09:20:42
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

[title]:いや急に昔のエロ漫画の話がしたくなって

Twitterにエスカレーションネタを上げたのはまずかったかもしれん、と思考がドツボに。

毒を食らわばなんとやらですけど、昔のフラミンゴでその怒涛のストーリーでわたしを魅惑した「小悪魔のふる夜に」の富秋悠先生はいま何をなさっているんでしょう。ぐぐってみたけど手がかりがない。ストーリーの面白いSMマンガとしてはしのざき嶺先生の「Night mare」と並んで当時の最高峰だったと思うのですが、あれだけのストーリーを書ける人が埋もれているはずがない。きっとどこかで名を変えているに違いない、と信じているのですが……。

やっぱりご存じないでしょうねえ。うぬぬ。

香愁先生はペンネームを変えられてご活躍中らしいですが、二十年前のあの気の狂ったような美学は封じてしまわれたみたいですね。

ううっ昔のフラミンゴ系のマンガが急に読みたくなってきた。実用という点ではたかのゆき先生のマンガのほうがはるかに洗練されていてエロいですけど、あのどこかが完全にぶっ壊れた魔界のような空間に触れなおせば、いくらかこの鬱々とした自分も……と思わせる妙なパワーがありましたので。たぶん今読んだら暗くてグロくて読めたものではないと思いますが。

ペンギンクラブ的な話の面白さとも違うんですよね。あの独特の世界は。海明寺裕先生の「後宮学園」とか、白井薫範先生の「るおちゃんくもになる」とか壊れた世界観で怒涛のストーリーが語られるのを半ば呆然と見ていたのですが。

あれらに触れたことの影響は自分の作品にかなり現れていると思います。

「漫画クリスティ」とか「DAISUKI」だとかに浮気したこともあるけれど、結局のところ壊れ方が不満足なんですよね。ヌルい、というか。

そういう面で、「エロ漫画誌でしかできないギャグ」を充実させることは、既成の精神の解体であり、エロ漫画自体のエロを向上させることにつながるのではないかと考え、一時期阿吽に「ギャグを充実させろ」と毎月のようにアンケートはがきを書いたものですが、やっぱりそういう方向に向かうとマニア受けしかしないんだろうなあ……。

すみませんとりとめがないうえに長くなって。

だめだ自分は単に「若かりし頃」を取り戻そうとしているだけに過ぎない。
  1. 2015/08/20(木) 22:56:20
  2. URL
  3. ポール・ブリッツ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ポール・ブリッツさんへ

コメントありがとうございます
そうですねフラミンゴ系のどこまでも鬼畜がエスカレートしてゆくマンガは今は無いですね。
こういう言い方したくないのですが
昔は物語りの中で人が死ぬのが当たり前
どうやったら人の心に一石を投じるのかが勝負だった気がします。
私はザンボットやイデオンに洗礼を受けましたが
今はそんな残酷なストーリーはやらないでしょう
やっても見る人がついて来ないというか・・・・
不幸があってこその幸福というかハッピーエンドが引き立つんですが
残念なことにその不幸に読む側が耐えられない
だから、ぬるい不幸の対比には甘さ大盛りのハッピーを盛り込んで
誤魔化さないとならなくなり
今は安易のストーリーが氾濫してしまっています。
そして創作物に消費者が期待しなくなるという悪循環・・・
今の特殊性癖の多様化は「甘さ大盛りのハッピーシチュ」の
形を変えたものだと思っています。

そうそう小悪魔のふる夜には3巻までしか読んでなくて
完結したことを知りませんでした;;;;
勝手に終わったと思い込んでいたんですよね
何でだろ?
漫画家さんの行方に関しては
私もまったくわからないです・・・というか
見なくなった阿吽の作家さんのその後すら知らない・・・。
阿吽の作家さんも年齢が高いといっても
30台前半が多くて私がガチで昔の話をすると
皆さんわからないんですよ;;;
同年代なのはあべもりおか先生とか編集長とか
数人だけなんです;

今はですね純粋にエロだけしか求められてなくて
それしか描けません。
エロマンガ雑誌にギャグやエロなし果ては
サバゲーコラムが載っていた(ロリポップ)のも
余裕があったからなんですね・・・悲しいですが;
私もあの余裕から少年期に多くのものをいただいたので
本当はあってほしいのですが
読者コーナーさえ無くなる現状です。
良かった時代をすごせたのは良い財産だと思って
大事にしてますし、ぶりっつさんも大事にしてください。
  1. 2015/08/20(木) 23:55:43
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

今更ですが来ましたお久しぶりです。
しかし本当にたかのゆき先生はコメントしたらまめに返事をくれて本当にサービス精神のある方で嬉しいです。
これからもちょこちょこ来て先生の作品と先生のブログを楽しみにしてます!
  1. 2015/08/21(金) 11:42:55
  2. URL
  3. マヨラー #-
  4. [ 編集 ]

[title]:マヨラーさんへ

コメントありがとうございます。
サービス精神というより、私自身が下手ながらも人と会話をするのが好きなのです。
それがマヨラーさんにとってプラスであればこれほどうれしい事はありません。
現在ネームでテンパっててなかなか更新できてませんが
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

  1. 2015/08/22(土) 01:16:30
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takanoyukino.blog107.fc2.com/tb.php/736-0afd867c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

たかのゆき

Author:たかのゆき
いらしゃいませ

たまに「阿ロ云(あうん)」
って雑誌でHなマンガを
描かせて頂いています。

毎日原稿とバイトに費やしており
時間が無いものですから
日記+らくがき
位しか上げられないと思います。
よろしければ暇つぶしにでも
ご覧になっていって下さい。

リンクはフリーなので
お気軽にどうぞ。

# フリーエリア

# イラスト置き場

2箇所に同じ絵を投稿しておりますので、お好きなほうをクリックしてください。

# 姿は見えないけど・・・

現在の閲覧者数:

# 今まで来てくださった方

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。