年に数本しか描けないエロ漫画家の見苦しい毎日を記したブログです。

# たかのゆきのしわざ

# 作業中聞いているもの。

お早うございます、こんにちわ、今晩は
たかのゆきです。

なんだかとってもずっと作業中です。
作業中ずっと「ソラノヲト」を流してます。
音楽じゃなくてアニメのほうです。
結構ネットじゃ駄作と言われてます。
私も冷静に考えれば、もうちょっとなんとかならないか
と言うような箇所は多々ありますが
なぜかずっと流してます。
きっと好きなんでしょうね。
特に最終話の最後のほうで、金元寿子さん演じる彼方(かなた:主人公)が
「軍曹殿ー!」と叫ぶシーンがあります。
金元寿子さん出演のアニメは結構見ていますが
その中でも一番可愛い声が出ていると思います。
反対に、小林ゆうさんの声が話数によってふらつきがありたまに擦れたりしています。
演技もこういうほのぼのが多いアニメはニュアンス芝居が大事ですが
かなり大味の演技で、ともすれば作品世界を壊しかけるような危うい印象を受けます。
だからといってヘタかというとそうではなくて
絶望先生やアザゼルさんなんかは凄く良いキャラになってますので
合わないんでしょうね。


・・・・そうすると
私のアニメやマンガの批評なんかは意味がないですね。
私が見て完璧と思えたら楽しめるんじゃなくて
ただ好きなものを探すのが難しいだけですから。


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [DVD]ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [DVD]
(2010/03/24)
金元寿子、小林ゆう 他

商品詳細を見る

テーマ:漫画家日記 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

[title]:

失礼ながら「批評」というものを誤解していらっしゃるのでは。

「批評」とは、「なにを見たか」ではなく「それを見て『自分が』なにを感じなにを考えたか」を書くものであります。

畢竟、「見たもの」はなんだってかまわないのです。見たものの評判で批評の価値が決まるのなら、世のB級なんとやら批評家は全員存在意義がなくなってしまいます。

その評価や反論の弁証法的運動から世の中の思考というもののダイナミズムが……(自分でもなにをいっているかわからなくなったので以下略)
  1. 2013/01/07(月) 18:19:40
  2. URL
  3. ポール・ブリッツ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ポール・ブリッツさんへ

コメントいただきありがとうございます。
・・・・?
ごめんなさい、言葉の意味のの差異がわからないです;
すいません;;;;;
見て何を思おうと自由だ・・・ということですか?
頭悪くて本当にすいません;
  1. 2013/01/08(火) 07:48:36
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

[title]:No Subject

批評というのは受動的なものではなく主体的な行為だ、ということであります。アニメだったらアニメを見てこれこれこういうことを感じました、ではなく、「これこれこういうことを感じたわたしの目から見れば世界はこう再構成される」ということを書くのが批評というものであります。

ものすごくくだらないとみんな同意しているアニメAがあったとします。「このアニメAを見たらけっこう面白かった」というのでは批評としてはまだ中途半端でしょう。「このアニメAを面白いと思う目から世界を再び見てみれば、世界の秩序はこう再構成されてまったく違った様相を示し始めるのだ」ということを告げるようなものが理想の批評のありかたでしょう。

みんなが何の価値も認めないただの日用雑器へのものの見方をひっくり返してしまった柳宗悦の「民芸運動」なんかがその最たるものでしょうね。

「みんなつまらないというけれどおれにはおもしろかったそれはおれにはこの作品がこう見えたからだつまりおれに見える社会はお前らとは違いおれにとってこういうものであるからださあ反論してみろ反論してみろうりうりうりうり」くらいの能動性と主体性が必要だ、ということですね。

書いていて自分でもよりわけがわからなくなっている(^^;)
  1. 2013/01/09(水) 16:50:25
  2. URL
  3. ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
  4. [ 編集 ]

[title]:ポール・ブリッツさんへ

コメントありがとうございます。
私が根本的に違う考え方をしてました・・・・(--;)
物語の構造や演出、設定の生かし方について語るのが批評で
感情や生理で好き嫌いを話すのが感想で
それら二つを全く分けて書いていました。
どうしてかと言えば、
例えば「好き」だと言ってる人に作品の出来の悪さをアレコレ言ったところで
その人の気持ちを変えることは出来ないからです。
個人的に批評家が嫌いというというのもあります。
最初はセンセーショナルな言葉で物事の真意を見抜く人も
職業になってくるとその人の言葉を信じている人の宗教みたいになってくる事があり
それを嫌っているからなんですが・・・・。

でも、その二つは同時に絡めて語らないと意味がなくなってきますよね;
  1. 2013/01/10(木) 08:55:33
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takanoyukino.blog107.fc2.com/tb.php/527-ed6bfdc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

たかのゆき

Author:たかのゆき
いらしゃいませ

たまに「阿ロ云(あうん)」
って雑誌でHなマンガを
描かせて頂いています。

毎日原稿とバイトに費やしており
時間が無いものですから
日記+らくがき
位しか上げられないと思います。
よろしければ暇つぶしにでも
ご覧になっていって下さい。

リンクはフリーなので
お気軽にどうぞ。

# フリーエリア

# イラスト置き場

2箇所に同じ絵を投稿しておりますので、お好きなほうをクリックしてください。

# 姿は見えないけど・・・

現在の閲覧者数:

# 今まで来てくださった方

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。