年に数本しか描けないエロ漫画家の見苦しい毎日を記したブログです。

# たかのゆきのしわざ

# 孤独は夢を食べて人の心をおかしくする

キャプチャ
おはようございます、こんにちは、こんばんは
たかのゆきです。


原稿がまだできません。
背景のペン入れしてます。
間に合わないので背景の素材集を貼って使ってます。
(雪をかぶっているところは自分で描いてますが)
悔しいです下書きまでしたのに・・・・
また、クオリティあがってるのが余計に悔しいです。

ネットではコミケの話題とかが多くて
いたたまれないデス。
自分はあの華やかな場所に行ってはいけない
そんな気がして・・・
行ったとしても身の置き場が無い事を確認して落ち込むだけ
そんな気がします。

こんなときって
昔、浪人していた頃を思い出します。
高校の頃はあんなに毎日遊んでいたのに
卒業後はぱったり付き合いが無くなりました。
「まぁ受験だから仕方がないか」と諦めていたのですが
高校の友達が集まって遊んでるのを聞いて
「なんで仲間はずれにするんだ」と腹がたったので
さりげなく電話してみたら
「何となく怖いから」っていわれて。
パニックになりました。
厚かましい、身の程知らず
自分が人に好かれるわけ無いじゃん
図々しくて、ゴメンナサイ
自分だけ友達のつもりでいたなんて恥ずかしい
そんな気持ちが蘇ってきます

定期的にこういう感情が出てきて落ち込みます
こういう中二的な発想って
どうしたら湧かなくなるんでしょうか?
普段は湧いても迷惑かかるから
出さないようにしています。
ですが、いくつになっても湧いてくるんです。
それに占有されている間は
人への恨み辛みしか湧いてこなくて・・・・・
こんな風に生きたくないんだけどなぁ。



好きな言葉に
「しあわせだから笑顔なんじゃない、笑顔だからしあわせなんだ」
というのがあって
そうなりたいなと、いつも思っています。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村

テーマ:漫画家日記 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

[title]:No Subject

わたしはすさまじいばかりの、「絶望先生」でいうところの「加害妄想」というやつであります。

自分の一言一投足が人様に迷惑をかけて嫌われてしまうのではないかと思うとなかなか寝付けなくなります。

という精神でいながら、コメント欄で不用意な発言をして友達になれた人と絶交されてしまうことも多々……。

作る同人誌は罰当たりの極致だし。

人間、そういうものだと思って生きています。

書いていて自分でもよくわからなくなってきた(^^;)
  1. 2011/12/11(日) 21:27:54
  2. URL
  3. ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
  4. [ 編集 ]

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/12/12(月) 00:54:42
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:ポール・ブリッツさんへ

いつもコメント頂きありがとうございます。
仰ってることは、わかります。
親しい想いがあり、声を掛けたてたつもりでも
向こうからすれば「つきまいとい」になるかと思うと
怖くてコメントも付けられません。
かと言って何もコメントしないのは失礼だとは思いますし・・・・。
私も経験測で解っています「そういもの」だと。
でも、あきらめきれないのでしょうね
百も承知であるにも関わらず
時折、真剣に悩み、落ち込み、何もしなくとも人が集まってくる人との差に
不条理を感じずにいられません。

  1. 2011/12/12(月) 07:56:15
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

[title]:No Subject

私は、今でも小学校5、6年生に時の担任への怨みが忘れられず、
成長した今なら
「こうも言ってやれる、ああも言ってやれる」などど
寝る前に妄想している自分に「はっ!!」としたりします。
失敗や恥をかいた事を思い出し、やるせなくなったり
私は、どこかおかしいんじゃないか?と思ったりもしたけれど、
周りの人も結構皆そうなので、
少し安心したりします。

人間が認知症になるのは、それまで生きて来た記憶が
重すぎて、忘れる作用が出てくるのだともいいますよね。
恥の多い人生です、とあったのは太宰の小説でしたっけ?

私は、たかのゆき先生の足元を見つめる考え方や
大丈夫なのか?と確認しながら、進むような生き方が好きですよ。
  1. 2011/12/15(木) 12:35:38
  2. URL
  3. しより #-
  4. [ 編集 ]

[title]:松尾しより先生へ

二つもコメントいただきましてありがとうございます!
>私は、今でも小学校5、6年生に時の担任への怨みが忘れられず~
あります、あります!
もうそんなことばっかりです。
でもちゃんと覚えてるのってそういうことばかりですね。
もしかしたら後悔と絡めないと
記憶って残らないのかと疑いたくなります。

バイト先とかで出会った、ちょっとぼけた感じの人でも
長く付き合って話してみると深くて
自分は人を自分の経験の数だけしか想像できないんだなと実感させられました。
だから若い子は、年を取った人間をただ古いだけのように
馬鹿にするんだなって思いました。

ボケたフリするときもあるって聞いたときは驚きで
「そのほうが何事も上手くいく」って・・・
「忘れることは怖くない」とも言ってました。

自分自身の何もかもが厄介にしか考えられないので
先生から肯定していただけるのは、とっても元気が出ます!
うれしいです、ありがとうございました。
  1. 2011/12/15(木) 14:02:57
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takanoyukino.blog107.fc2.com/tb.php/324-96cd24a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

たかのゆき

Author:たかのゆき
いらしゃいませ

たまに「阿ロ云(あうん)」
って雑誌でHなマンガを
描かせて頂いています。

毎日原稿とバイトに費やしており
時間が無いものですから
日記+らくがき
位しか上げられないと思います。
よろしければ暇つぶしにでも
ご覧になっていって下さい。

リンクはフリーなので
お気軽にどうぞ。

# フリーエリア

# イラスト置き場

2箇所に同じ絵を投稿しておりますので、お好きなほうをクリックしてください。

# 姿は見えないけど・・・

現在の閲覧者数:

# 今まで来てくださった方

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: