年に数本しか描けないエロ漫画家の見苦しい毎日を記したブログです。

# たかのゆきのしわざ

# 誰得?!

おはようございます、今日は、こんばんは
たかのゆきです。

最初に断っておきます
今回の記事は、わかる人もメリットがある人も
極端に少ない記事だと思います。
本当に誰得?と言う内容ですが
いつか、困ってる方の役に立てればいいなと思い
ここにHOWTO本等では調べきれないものを
書いておきます。



私がマンガをデジタル化したときは
PCも持ってない状態でした。
ですから当然OSの使い方を勉強しながら
ソフトの使い方を学びながらです。
ソフトを買っても何が出来るかわからず、聞く人もおらず
ましてや使用目的が商業誌だったので
すご~く大変でした!
そこで今月号の阿吽にマンガが載っていることですし
私が使ってる「コミックスタジオEX」の設定を晒したいと思います。




ところでいきなり脱線しますが
漫画家さんがデジタルで描いてるかアナログで描いてるかどうかは
ある程度見ただけで判断できます。
私の判断基準をお教えします。
下を見てください
左はアナログで右はデジタルです
wakusen_convert_20110509222445.jpg
左は角が少し丸まっているので
多分ペン入れまでアナログです。
右は角がピッシリとがっているので
少なくともペン入れからはデジタルだと判断できます。



まずは倍率です
原稿を縮小したり拡大したりするときの
決められた倍率です。
デフォルトでは0.8%~800%という
バカみたいな設定になっています。
うっかり急激に縮小拡大を繰り返すと
アプリが強制的に落ちたりします。
ですので狭い範囲での行き来になれるため
倍率を狭めます。
キャプチャ8





わたしは用紙をA4で内枠B5・・・つまり
同人誌用の原稿を使ってます。
最初はB4(内枠A4の投稿用原稿用紙)を使っていましたが
スキャナーがA4サイズのため
B4を半分のB5で取り込まねばならず
なおかつPHOTSHOP上で二枚に分けて取り込んだ原稿の合成が
大変手間がかかるので雑誌原寸のサイズにしました。
繧ュ繝」繝励メ繝」1_convert_20110509221633


Gペンの設定です。
サイズの設定のカーブをいじると
使いやすいです(これは丸ペンに近い設定です)
この設定だと細い線は丸ペンより細くなりますし
力を入れると0.8mmまで太くなります。
髪のペン入れをするときだけ
「抜き」にチェックを入れ
毛先が綺麗に細くなるようにします。
繧ュ繝」繝励メ繝」2_convert_20110507154707


擬音等の描き文字に使うペンの設定を追加しました。
髪のつやべたなどデフォの筆の設定は使いづらいので
オリジナルで作りました。
繧ュ繝」繝励メ繝」3_convert_20110507154653


今回載ったマンガの(1p目)レイヤーです。
トーンは75Lのものを使ってます。
(全体的にアナログのトーンに比べて薄いので
10%のトーンを15%に上げています)
ふつう60Lが多く使われますが
雑誌原寸なので75Lです。
印刷された際にどんな濃さになるか
阿吽を買って頂いて参考にして頂ければ幸いです。
キャプチャ7


ソフトについて
おなじ用途のソフトに「コミックワークス」と言うソフトがあります。
このソフトはアナログ派が使いやすいように作られていて
低スペックのPCでもサクサク動きます。
トーンもデリータのトーンを収録しておりますので
非常に使いやすいのですが
実際使ってみて注意点が二つあります
一つはトーンの重ね張りをした際に
ドットをずらすことが出来ないこと
二点目はマジックワンドで範囲を指定する際に
1ドットでも線が切れているとそこから洩れてしまい
後から拡大して切れ目を探す作業が大変なことです。



また「コミックスタジオ」を購入する際の注意点ですが
コミックスタジオには4タイプあって
「Mini」「Debut」「Pro」「EX」があります。
ついつい「Pro」「EX」を比較して
アクションパレットの有無だけならと「Pro」を
買ってしまいそうになりますが
作業の効率化には欠かせない機能です。

一例ですが
擬音をペンなどで描くと回りに白いフチが必要です。
普通にコマンドを選ぶと
文字を範囲選択→編集→選択範囲をフチどり→描画色、線の太さ、拡張タイプなどを指定→OKをクリック
これを擬音や漫符のたびに行わなければなりません。
しかし下のようにアクションにその作業を一回登録すると
上の作業が2クリックで終わります。
作業時間がお金で短縮できるなら
こんなに素晴らしいことはありません。
キャプチャ6



私は好きでよく教則本やHOW TO本を見るのですが
こんなに巷にあふれているにもかかわらず
ほとんどのものが役に立ちません。
それはヘタクソの視点を忘れているからだと思います。
ですからヘタクソな今のうちに書いておきます。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村

テーマ:漫画家日記 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

[title]:得です^^

こんばんは!
私も本屋に行ってはうつー本を見たりしましたがどうも良書と言うものが無いですね。

本家にいってみるもののなかなか^^;
  1. 2011/05/10(火) 22:13:52
  2. URL
  3. towa #-
  4. [ 編集 ]

[title]:towaさんへ

コメントいただきましてありがとうございます。
本当に苦労しますね。
少しでも得があれば良かったです。
ただやっぱり私もそうでしたが
触れてる時間が長いと解決も早いようです
お互いがんばりましょう
  1. 2011/05/11(水) 08:06:45
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

[title]:分厚い本より

おひさしぶりでございます。

なるほどー。
この手の本というのはなぜか分厚い参考書っぽいのより、
薄いそれこそ女の子の絵の入った軟派な雰囲気のものの方が
自分にとって使い易かったり分かり易かったりします。

最初買う時恥ずかしくて参考書風なのを何冊も買って
失敗して気づいたんですが。
自分の場合はフォトショップでした。
たぶんそんな人はたくさんいるのではないかと。

始めた当時、自分の絵に色をつけるとして写真の補正の方法
ばかり乗ってる従来の本はほとんど意味ありませんでした。
補正いじり始める頃は、うまへたはともかく自分で試行錯誤
する事に苦のない段階ですので、機能を説明しているだけの
分厚い参考書なんか見ないし。

調味料が知りたいのでなく、調理法が知りたいとでもいうのか。

そこに目をつけたのが「もしドラ」だったのかなーって
思ってます。それでは。




  1. 2011/05/11(水) 16:33:27
  2. URL
  3. いもかるび #-
  4. [ 編集 ]

[title]:いもかるびさんへ

コメントいただきありがとうございます。
私も何冊も買いましたが
結局アニメ塗りを紹介してる本ばかりだったです。
(これから先は自分で考えろって事ですかねぇ)
内容としてはsaiの参考書が優秀なのですが
フォトショップ関連のは少ないようです。

今でもそうですが、フォトショップは悩ましいですね。
アメリカ産の良いところでもあるのですが
使い方が多岐に渡るため
人によって使い方が全然ちがうようです。
(国産はサービス精神というか
機能をどんどん増やすため
使い方はみな大体同じです)
大げさかもしれませんが
描き方=オリジナリティと言える位で
飲み会等で絵師さんに突っ込んでも
その辺の話は聞けません。
ただ絵をかくなら
フォトショのほうがいいとはよく言われます。

「もしドラ」は見てナイデス、すいません;
  1. 2011/05/11(水) 19:36:14
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

コミスタは扱いがよくわからなかったり、
設定もどうすればいいのか悩んでいたので、
参考になります
  1. 2011/05/12(木) 18:51:39
  2. URL
  3. シャケカレー #-
  4. [ 編集 ]

[title]:シャケカレーさんへ

コメントありがとうございます。
私もコミスタの使い方には随分悩まされたので
お役に立てれば幸いです。
また機会があれば書きたいと思います
  1. 2011/05/13(金) 11:53:43
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takanoyukino.blog107.fc2.com/tb.php/227-7504e83e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

たかのゆき

Author:たかのゆき
いらしゃいませ

たまに「阿ロ云(あうん)」
って雑誌でHなマンガを
描かせて頂いています。

毎日原稿とバイトに費やしており
時間が無いものですから
日記+らくがき
位しか上げられないと思います。
よろしければ暇つぶしにでも
ご覧になっていって下さい。

リンクはフリーなので
お気軽にどうぞ。

# フリーエリア

# イラスト置き場

2箇所に同じ絵を投稿しておりますので、お好きなほうをクリックしてください。

# 姿は見えないけど・・・

現在の閲覧者数:

# 今まで来てくださった方

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: