年に数本しか描けないエロ漫画家の見苦しい毎日を記したブログです。

# たかのゆきのしわざ

# 顔と髪を立体的に描きたい。

皆さんおはようございます、今日は、今晩は
たかのゆきです。

下描きが全部終わりました。
絵を描くとき
自分は変な癖が多く
すごくバランスが悪いです。
それでどうしたらよいか
考えながら描いていました。

これを見てください。
rei01_convert_20100822123944.jpg
手癖だけでざくざく描いたので
悪い癖っぷりがよく出ています。

左上の角度の付いた顔を見ると
視線は表面を見てるようで
左目(向かって右の目)がこっちを向いています。
角度が付いているのに顔の側面の面積が少なく
平たい印象を受けます。
頭が立体的に見えないので
髪の流れも不自然です。
角度が付いているので
右目(向かって左目)は圧縮されているのに
左目はただ正面の目と眉をただ貼り付けたようです。

これはおかしい。

私が頭のなかで想像してる
頭の立体は
上の絵の右端のように
眉間から上は半球形です。
ですからアタリを真ん中のように
描いていました。
しかし自分の顔を触ってみると
確かに顔の側面が平らにあります。

だから・・・
rei02_convert_20100822124031.jpg
こういうことなのじゃないか?

この他にも悪い癖として
頭がアタリ線より大きくなってしまい
バランスが悪くなるというのがありますが
左目(向かって右の目)を顔いっぱいに描いてしまう為に
輪郭のアタリが頭のアタリではなく
顔のアタリにすり替わって
起こるのではないかと
考えました。

そこでアタリのとり方を
少し変えてみました。
rei03_convert_20100822124120.jpg
①アタリをとりますが顔の端である
 aという補助線を入れます。
 bは耳の位置を決めるために入れました。
②輪郭線から描きます。
 私は以前、目から描いていましたが
 どうしてもバランスが取れないので
 輪郭から描く様に変えました。
③顔を描きます。
 髪の分け目になる補助線cと
 髪の生え際の補助線dを入れます。
 髪型にもよりますがこうやって
 頭(髪)を立体的に捉えます。
 こうすると髪のハイライトも
 入れやすくなります。
④完成。

上の絵よりフカンになってるので
ずるいとは思いますが
こういう順番で描いてみたら
少しはマシになった気がしますw

正直、このブログにこられてる方々には
役に立たないとは思いますが
日々こんなことで悩んでますw




にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村

テーマ:らくがき - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

[title]:お顔のりんかく

私は3Dで絵作りしたりしますが、最初アニメ調の
キャラを作る時に同じところでつまずきました。

現実的には右なんだと思いますが、側面からみるとアニメの様にきれいな横顔になりにくい・・・。
という事で若干左になる様に調整して横顔がよく
見える様にしたりとか。(もう顔と髪が完成した時点で9割完成した気分にすらなります。)

 後、(まあないですけど)上から見たときに最初右は綺麗じゃないなぁと思ったんですが、結局
女の子はそこに髪がのっかるんで、ある程度どうとでもなるという事もわかりました。

男性の坊主キャラだったら、あんまり気にしなくていいかなと思い、そこは考えるのをやめました。
それでは。

  1. 2010/08/22(日) 20:01:03
  2. URL
  3. いもかるび #-
  4. [ 編集 ]

[title]:私も!!

私も顔を描くと本当に歪んでます;
勉強になりました。
参考書をみて描く前にえどって練習をやってました^^;
立体に描くのって難しいです;
でも本当に描きこなせたらなんでもいけそうな気がしてきました(気分だけ)
  1. 2010/08/22(日) 20:48:00
  2. URL
  3. 松永大和 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:いもかるび様へ

コメントありがとうございます。
そうですね真横の構図は
立体感が出しにくいので
アニメなんかでは
少し角度をつけてますね。
顔が真横でも奥の肩が
出たりしてますよね。

ソフトで絵を作るというのは
ペインティングソフトでヒィヒィ言ってる
私には計り知れない世界で
いつもいもかるびさんのページを
口を( ゚д゚)ポカーンと
開けながら見させて頂いておりますw

  1. 2010/08/22(日) 23:45:05
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

[title]:松永さんへ

コメントありがとうございます。
バランスの取れたキレイなお顔は
私の目標です。
本当難しいですよね~
一人一人理解の仕方(脳の回路)と
体の使い方が違うので
誰もが上手くなれる描き方は
無いのでしょうね。
松永さんの参考になれば
いいのですが・・・(´・ω・`)
  1. 2010/08/23(月) 00:14:34
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

たかのゆきさんもデッサンで悩むことがあるのですね。すこし驚き・・・。
自分がデッサンを勉強しようとしたのは1年ほど前です。その時はそれなりの成果を上げた気になったのですが、最近ダメダメなことに気付きました・・・。
ちなみに人描くどっとこむというサイトで勉強したんですが、いまだによくわかりません・・・。
氏なら分かるんじゃないかと思うんで書いときます。
  1. 2010/08/23(月) 21:40:58
  2. URL
  3. シャケカレー #-
  4. [ 編集 ]

[title]:お久ぶりです

描く時は
悩んだり考え込んだりしながら描いてますw
学生時代は絵とは無縁だったので
今になって我流で頑張ってるところです。
なので今回の記事は参考になりましたw

  1. 2010/08/23(月) 22:41:49
  2. URL
  3. Nyant #-
  4. [ 編集 ]

[title]:シャケカレー様へ

コメントありがとうございます。
悩みますよ~
そして下手です!よく歪んでいますし・・・
これは勝手な意見ですが
シャケカレーさんの絵の魅力って
表情だと思います。
意外とこれだけ表情のあるキャラクターを
かける方はあまりいません。
ぜひ大事にして頂きたいです。

今描いている絵が
「これでいい」と思えればそれでいいと思いますよ。
「こう描きたいのに何度書き直しても上手くかけない」
というときだけ学べば十分だと思います。

オススメできるとすれば
アニメーターの西澤晋さんが推奨している方法ですが
漫画の単行本を一冊まるまる書き写すというのが
効果的だと思います。
効果的なコマ割りや構図の意味がわかったり
キャラクターを大きく描いたり、小さく描いたり
するときにドコの線を増やして減らすかわかったり
背景の空気遠近法をペン画で書くとどうなるかとか
意外にコマで切れたキャラクターを描くのが難しかったりと
実にさまざまな事が学べます。
気が向いたら試してみてください。
私も暇があれば今でもやりますw

ちなみに「人描くどっとこむ」というサイトは
ググってヤホっても見つかりませんでした。
  1. 2010/08/24(火) 18:02:39
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Nyant さんへ

コメントありがとうございます。
参考になれば幸いです。
あんまり悩みすぎないようにしてください。
こんな記事を書いておいてなんですが
上手くなることは努力しなくても
描いていれば着いてきてくれます。
楽しくいきましょう!
  1. 2010/08/24(火) 18:11:39
  2. URL
  3. たかのゆき #-
  4. [ 編集 ]

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/08/24(火) 22:23:26
  2. #
  3. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takanoyukino.blog107.fc2.com/tb.php/121-14d10e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

たかのゆき

Author:たかのゆき
いらしゃいませ

たまに「阿ロ云(あうん)」
って雑誌でHなマンガを
描かせて頂いています。

毎日原稿とバイトに費やしており
時間が無いものですから
日記+らくがき
位しか上げられないと思います。
よろしければ暇つぶしにでも
ご覧になっていって下さい。

リンクはフリーなので
お気軽にどうぞ。

# フリーエリア

# イラスト置き場

2箇所に同じ絵を投稿しておりますので、お好きなほうをクリックしてください。

# 姿は見えないけど・・・

現在の閲覧者数:

# 今まで来てくださった方

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。