年に数本しか描けないエロ漫画家の見苦しい毎日を記したブログです。

# たかのゆきのしわざ

# ネームが通りました

DSCF1125.jpg 

たかのゆきです
随分間があいてしまい申し訳ありません。

やっとネームが出来ました。
いろいろ悩んでましたが
今振り返れば
漫画が描けなくなっていたなぁ・・・と

漫画家としてデビューして
最初はエロマンガに対する憧れで
描いてました。
~先生の~みたいな作品が描いてみたい!
みたいな

ですが単行本4冊も出せば
その憧れも出尽くします。

そこからは自分が好きな自信のあるものを
表現していかなきゃいけないのです。
そして自分を肯定できない私は何も描けなくなりました

そりゃあエロマンガをテンプレで描くことはできます
キャラのタイプを変えればエロシーンがワンパターンでもいろいろ描けるでしょう
前戯をやって挿入してイクだけですが、前戯や体位を変えればバリエーションはかなり出せます

でもそこで考えてしまいます
それってよくあるやつだけど・・・・そんなんでいいのかなぁ
何かこう新しいものを・・・

そういうことを悩んでいました
編集長さんは裁けた方で
新しいものなんか無いから気軽にと
言ってくださるのですが
割り切れなかったです。

やっと越えられました
やはりそこはバカにならなきゃいけないです
あまりにも真剣に向き合い過ぎました
とか言ってこの作品の次回作で
悩みませんように・・・

  にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
スポンサーサイト

# 自分から連絡することは無いです。

sfgs96.jpg
少し前になりますが
昔、付き合ってた彼女が結婚したそうです。
正直その知らせを聞いて、凄くうれしかったです。
自分は幸せにしてあげることが出来なかったので・・・

今思い起こせば、彼女と付き合ってる間
私は自分の都合ばかり考えていたような気がします。
それなのに彼女は、いつも献身的に私を中心に考えてくれていて
私はそれにずっと甘えっぱなしでした。
愛情を注いでくれていることに胡坐をかいて
恥ずかしげも無く、よく彼氏面していたものだと
ずっと申し訳なく思っています。

ですがそれと同時に、私が私の人生をいいものだと
思えるようになったのは彼女のおかげです。
心から感謝しています。


例によって画像は全く関係ないです。

  にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ

# 胸糞なストーリーについて

564698.jpg


漫画、小説、アニメ、映画と物語の中には、たまに暗く悲劇的に終わることがあって

年を取ると耐性がなくなりハッピーエンドを好むようになる・・・要はヘタレる

みたいな意見を見かけました。

たしかに最近の私は胸糞や悲劇的なストーリーを好みません。

年も46とスパイシーなカレー臭漂うオッサンです。

その年でそういう、心を痛めるものから逃げるなんて情けないと見えるかもしれませんが・・・


逆です。


悲劇的なストーリーに入り込む要素というのは

「同じような理不尽な体験をした」「主人公の気持ちわかる」みたいな

感情移入が作用する要素があると思ってます。

自分のどうしようもない現状と、救われず終わってゆくストーリーが

一致するときにある種の「悲劇のヒロインに浸る快感がある」と思います。

俺ってなんて可愛そうなんだ・・・こんなことが無ければ幸せになれたのに・・・

何で俺だけこんな目に・・・俺の方がもっと可愛そうだ・・・

昔はこんな想いがあったので悲劇も好みました


・・・昔の俺、気持ち悪い。


これは自分の経験談です;;

他の人とこんな話をしたことがないので

他の人はわかりません;;;


でもこの年になるとリアルで身内、知人、同僚、飼っていた猫、が亡くなります

大きな病気を経験してる身近な人も多くなります。

自分の人生の時間に限りがあるのが、ひしひしと実感としてわかってきて

それなのに、自分の気持ちを暗くする、後ろ向きにする

物語に付き合ってるヒマはありません。

わざわざそんなものを見なくても悲しいことはいっぱいあります。

前に幼少期オッサンにイタズラされた経験があると書いたことがあります

イジメられた経験を書いたことがあります

むかしの自分はその事で「自分はかわいそうだ」と思っていました。

でもこの後の残りの人生を、そんな記憶のために使うのはバカバカしいと感じるようになりました。

イタズラしたオッサンももう年齢的に生きてはいないでしょう。

ある日突然きづいたのです、もう加害者もいないんだからこんなこと引きずってても仕方ないやって


悲劇的なストーリーを見れば今でも暗い気持ちになりますが

でもなんでわざわざそれを作った人間の自己満足に、付き合わなきゃいけないんだと思います。

そんな事を思いました。


絵はガルパンの秋山殿の大学卒業後

内容と超関係ないです(笑


  にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ

# 「怒り」は恐ろしい

45665.png 小学生の頃、町内会の野球チームに所属していました。
本当は日曜日に野球なんかやりたくなかったし
マクロスやオーガスなどのアニメの方が見たかったです。
親が町内会の役員から進められ無理やり入れられました。

私の年代的に団塊世代の子供の為
まあ同年代の子供が多かったです。
グランドの広さも限りがあるため
補欠の補欠の補欠みたいな集団ができてしまい
ドン臭い私はその最下層に生息していました。
とにかく最初の10分くらいキャッチボールした後は
声出しと玉拾い(雑木林に入った玉探し)です。
一応真面目にはやってたつもりですが
今のように情報がなく、本を見ても
独りでの練習で上手くなる方法が全くわかりませんでした。

そんな中毎週見学に来てはその「補欠の補欠の補欠」を
クソミソにヤジってくレギュラーの母親がいて
みんで腹を立ててました。

今日そのオバサンというか現在は老人ですね
を見かけて、手が震えるほどの怒りを感じました。
今の今まで35年以上忘れてたのにです。

自分にこんな執念深い、衝動的な気持ちが潜んでいることに
驚きと共に自己嫌悪に陥りました。
理性を揺るがすような怒りを目の当たりにして
かなり動揺した一日でした。


絵は全く関係ないです(笑
  にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ

# メイクで美人になるなら二次のキャラもメイクさせればいいんじゃない?

8456gdsf 


ちょっとインパクト薄いですね;
こういう大人っぽいキャラは目が小さくなるので
リアルな人間と同じくメイクをするように
まつ毛を盛ったり唇に色をつけたりすると
美人度が増します。
・・・・この絵は足らないですね

絵を描きなれてくると工程を省いてしまうので
まつ毛の幅が細くなりがちです
そういうところは手を抜かないようにせねばです。


  にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ





# プロフィール

たかのゆき

Author:たかのゆき
いらしゃいませ

たまに「阿ロ云(あうん)」
って雑誌でHなマンガを
描かせて頂いています。

毎日原稿とバイトに費やしており
時間が無いものですから
日記+らくがき
位しか上げられないと思います。
よろしければ暇つぶしにでも
ご覧になっていって下さい。

リンクはフリーなので
お気軽にどうぞ。

# フリーエリア

# イラスト置き場

2箇所に同じ絵を投稿しておりますので、お好きなほうをクリックしてください。

# 姿は見えないけど・・・

現在の閲覧者数:

# 今まで来てくださった方

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。